私の初めての車の買い替え

2016年6月20日 / 車の話題

私は社会人なった際、東京のような都会ではなかったため、車が必須でした。最初の1台目はどうせぶつけてしまうだろうと思い、50万円で中古の軽自動車を購入しました。その軽自動車はダイハツのタントで、選んだ理由は軽自動車は税金が安いこと、タントは軽自動車の中では広いことという単純な理由です。1年ほど乗ると、タントの加速感に物足りなさ、横風にあおられることに不満を感じ、車の買い替えを考えるようになりました。

加速感を取るなら、昔のようなマツダRX-7のような車を買うべきなのですが、そんなに本気のスポーツも欲していなかったため、手頃な外車で探すことにしました。そこで、日本車には無い見た目のかっこよさやおしゃれ感に惹かれ、BMWのMINIを購入することにしました。MINIは昔から愛されるデザインで、可愛らしくもありかっこよさもある、イイトコどりの車だと私は思っています。買う前に店員の方に説明いただいて、初めてMINIにも様々なランクがあることを知り、手頃で楽しく乗るならクーパーSがいいと勧められました。

クーパーSにはスーパーチャージャーがついているため、1600ccしか無いのにもかかわらず、満足のいく加速感が得られます。私のはハイオク車ですが、最近ではディーゼル車も出ているので環境にも配慮しているようです。やはり決め手となった見た目も重要で、もともとの見た目がかっこいいのはもちろん、内外装をオプションで自分の好きな見た目にすることができるのもメリットです。車を買い換える際には、ぜひMINIも頭にいれていただきたいと思います。

コメントは受け付けていません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    TOPへ戻る