始めての車、ハラックスサーフ

2016年6月30日 / 車の話題

始めて購入した車はトヨタの四駆車のハイラックスサーフ(中古車)でした。
免許取り立てで、いきなり大きな車は怖いと思いましたが、当時は四駆ブームもあり、
また趣味でスノーボードなども行っていたため思い切ってその車に決めました。
5年落ちくらいで、走行距離は5万kmくらいだったので、金額もそんなに高くなかったと思います。
とはいえ、会社員になりたての私は貯金もほとんどなく、ローンを組んでの購入になりましたが。
購入してからはほとんど毎日と言っていいほど、車を利用していました。

会社の通勤時、休みの日のドライブ、買い物等、本当に毎日のように載っていました。
購入から2年で車検を迎えましたが、まだまだ走ってくれると分かっていたので、しっかりと車検も通しまたサーフとの日々が始まります。
車検を通して数ヵ月後、ついに走行距離が10万kmの大台を突破しました。
しかしまだまだと思っていた矢先、少しづつ車の調子が何かおかしくなってきたのを感じていました。
一番おかしいなと感じていたのは、AT車だったのですが、うまくギアが入らなくなって来てしまったのです。

その症状は日を追うごとに徐々に顕著に現れ出し、ついにはRにギアを入れても、バックしなくなってしまいました。
流石にバックしない車では廃車を考えなければなりません。
しかし今まで毎日のように私の事を色々な場所へ連れて行ってくれたサーフとの別れはとても寂しいものでした。
きっとあの後、スクラップ状態になり鉄のゴミとして処理されてしまったのでしょう。

周りから見ればただの車かもしれませんが、私にとってはとても大切な相棒でした。
車ってとても便利だしとても役にたってくれますが、お別れはやはり寂しいですね。

コメントは受け付けていません。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    TOPへ戻る